おもいゆくままにいきること。

仕事離職後ワ―ホリに行って帰国した人のブログ

世の中の、自分にであったどのくらいの人が

 

 

 

自分を知ってるどのくらいの人が

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう一度、自分に会いたいと思ってくれるんだろう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分が誰かに対してそう思うことはあって

 

 

 

 

 

 

その人たちは私にとって、今でもだいすきで、

 

 

 

 

いつも思い出す、一瞬一秒が大切で

 

 

 

 

いや、大切って思ったのは今で

 

 

過ぎた時に気づいたわけであって、そのときは何にも思わない単純なありふれた日常で

 

 

 

 

 

君たちがここまで自分のなかでこんなに大きくなるなん思わなくて

 

 

 

 

 

全ては戻ってこなくて

現実は今で、明日は未来で

 

人は人で、自分は私で

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家も、何十万もかけて買った家電も

社会的地位も全て捨てて投げ出して海外に行った

 

 

それほど

自分が思い通りにならないのがものすごく嫌

副業でアルバイトしてたときに

 

 

同僚の彼が言った。

 

 

 

 

ここで学ぶことはもうないなって思ったら

 

別の仕事探すと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんとなくその気持ちはわかって、

 

 

私の場合は次のところいきたいなーて思ったらなんだけど、

 

 

 

 

彼は彼で私が海外で感じてた感覚のまま日本で生きてるのだど思ったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして私は自分が思い通りにならないのがものすごく嫌。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特に体重。

 

 

 

 

1ヶ月に一回は確実にむくみやすい時期がきて、

 

 

顔丸くなって

 

 

いらいらする。太くなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食べなくてもそうなるのがすごくものすごくいや。

入社してやっと1ヶ月、帰国してやっと一年。

じつは、

 

 

ワーホリから帰国して、やっと一年がたちました!

 

 

 

去年の10月31日に帰国して

 

 

 

 

一言言えることは

 

 

今まで日本で生きてきた中で最高に濃くて、

 

 

最高にいろんな組織に所属した一年でした。

 

 

 

 

まず某居酒屋アルバイト

 

そして一社目の会社

 

平行して某アイドルグループの手荷物検査アルバイト

 

 

 

更に平行してバーでのホールアルバイト

 

 

そして今の会社

 

 

 

家も探して決めて契約して住んで

 

 

 

 

いろんなところで人間関係きづいて

 

 

出会いもあり、

 

わかれもあり、

 

 

 

友達も増えて、

 

平行するように減って、

 

 

 

 

 

 

 

今の会社では

1ヶ月の間に3回ほど研修の所属場所がかわるスケジュールで

 

 

 

 

仕事内容よりもいちから人間関係きづいての繰返しにだいぶ疲れる日々を送っております!

 

 

 

 

 

 

なんでなんだろね。

 

 

 

海外にいたときは人間関係よりも自分がどうしたいかを中心に生活できたのに

 

 

 

ここだと誰と会うかとかライン返さなきゃとか

 

 

 

自分じゃない誰かが中心になってる毎日で

 

 

 

それでまた疲れて

 

 

 

 

 

 

 

 

いろいろこのところ、トロントで働いてたときのカナダに住んでる同僚、海外の友達に相談してました。

 

 

 

浮気相手にされてたって嘆いたら

こんな返信をくれて

 

 

 

Oh my god  really? That sucks 😕 such an asshole that guy. But hey im pretty sure you'll find someone perfect for you. Just go slowly , dont trust anyone quickly, take your time to know them 

 

 

 

 

 

 

最近の毎日のことで相談したら

 

 

 

 

 

Take it easy, life is enjoying every moment, at the end we only have ourselves, so appreciate the time with yourself. You'll find eventually the people that will accompany you in this journey. Anyways, I wish we could see each other and we weren't far. Hope you are well 😄👋🏼 

 

 

Hey dont think about relationships so much, it will come and it will be the right one, dont look for it, dont think about it, just focus your energy in positive things and positive things will happen 😄

 

 

 

 

 

 

 

 

なんなんだろね。

 

 

 

 

なんか日本語よりも英語のが自分にしっくりきて、

 

 

 

 

ほっとする自分がいて。

 

 

 

 

 

 

 

いらいらしてても

 

 

 

洋楽きいたり洋画字幕なしで英語でみたりすると落ち着けて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ああやっぱり。

 

 

 

 

英語がすきなんだなーって、改めて思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今朝は某携帯キャリアの店舗スタッフの手続きミスでクレジットカードが発行キャンセルされとって

 

 

 

 

 

それでコールセンターに電話したら10分くらい待たされて

 

 

 

 

 

 

疲れとる時にちょっとしたイライラポイントがくるとこの世の終わりのようにとてつもなくいらいらするよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも洋楽きいたり、

からあげつくったりハンバーグつくったりしてリフレッシュしました!

 

 

 

 

 

 

 

やっぱり、

 

 

わたしは、

 

 

 

 

料理がすきで、英語がすきで、

 

 

 

 

 

やっぱり、ひとりのほうが好きで

 

 

 

やっぱり自分が大好きなんだなとおもいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうしてもとてつもなく高いサーロインステーキを食べたくて、

 

 

 

 

 

 

 

でもどのスーパーマーケットに行っても脂のすくない牛肉しか無くて

 

 

 

 

 

 

 

 

その牛肉は100グラム98円で、

 

食べたいサーロインステーキは100グラム5000円で、

 

 

 

 

諦めてその牛肉を買うより、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひたすらそのサーロインステーキ肉を探し求めるような人になりたい。

 

 

 

深くまだかけないけど、関わる人が幸せでありますように。

ありがとうとか、うれしいとか、

 

 

 

 

自然とではなくて、不思議と笑顔になれる瞬間とか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうかその時を失わない人でありますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

君が無理で、彼女がおっけいって

 

すっげぇ信じてた人にこないだいわれた。

 

 

 

 

 

その彼女に

 

 

すげえおばさんなのになんなんですかって言われた。

 

 

私は責められると申し訳なくなってしまうので、

 

 

あ、すみませんって謝り続けた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが良いことだったのか、悪いことだったののはわからん。

 

 

 

 

賛否両論や。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっとまだ頭とか話まとまってないですすみません。、

 

 

 

 

私がかきたいことばがかけない。

手をのばした

 

暗闇のなかで

 

 

 

 

 

見えるものは天井しかなくて、

 

 

掴もうとしたのか、握りつぶそうとしたのか、

 

 

 

 

いつの間にか伸ばした手で空気を握ってた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

取るに足らないと思ってたものは、

もしかしたら必要だったことだったのかもしれなくて、

 

 

 

 

でも現実は今もってるものしかなくて

 

 

 

 

 

 

 

自分が発したコトバや動きや文章が

 

どれだけひとに影響を与えるのかも考えずに

 

 

 

 

自分はそこまで偉いやつじゃないって思ってるから

 

 

 

 

はっきり物事を言って、

 

 

相手の反応をみてるのかもしれない

 

 

 

 

 

 

 

ほんとに思ってくれてるのか

本当なのか

 

 

 

 

 

 

でもそれはエゴでしかなくて

 

だったら全部結局は自分のためで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

疲れたら寝たくて

 

ブルーライト浴びたくなくて

 

 

 

それでいて暗闇が嫌いで

 

 

 

 

 

 

 

 

はっきり言って親とは勘当状態。

 

 

 

今年の3月に家でたときからずっと。

 

 

 

 

 

 

だから、自分の人生はぜったいに自分で決める。

 

 

 

転職は見事に良い会社に出会えて、

 

 

 

前職の会社には、最終的に糞みたいに扱われたけど

 

 

 

 

なんとかまだ生きてて

 

 

 

私をここまで繋げたものってなんだったんだろう。

 

メロンパン粉という人。

12月生まれ。

 

父、嘘真面目なa型。

母、真面目だけど真面目なab型。

 

 

二個上の姉がいます。

 

 

 

小学校3年生のときに、まうんてぃんぐを知る。

 

中学生で凄まじいいじめにあう。

世の中見た目が良い奴が勝つんだつて知る。

 

 

高校デビューする。

でもそのあとつきあった彼氏に、

彼は頭もよくて、私は見た目はよくて、高校デビューはできて、進学校にはいれたけど、

進学校の頭良い方にはなれなかった

 

で、にっとうこませんの大学しか受からんかった彼女は恥ずかしい言われて

別れた。

 

 

 

 

そのあとはもう、くそでした。

 

 

でもこれって

私の弱さだけじゃないよ。

 

高校のとき、家の前で男に押し倒されて殴り続けられたことある。

父親は、お前がそんなスカートはいてるからだっていった。

私は、いたって普通だった。むしろ学校だったらながいほうで。

短くはない。

 

 

 

 

 

その時に知ったのだ

 

 

ああそうか。

 

世の中は、力のあるひとが正であって、

無い人は非であるのだと。

 

 

 

 

男女であるならば、明らかにそれはわかりきっている現状で

だとするのであれば

どうすれば男に気を使わないで生きれるのだろう。

 

 

 

私にとって、この瞬間に父親の放った言葉は一瞬であり、

 

 

世界は男が中心だと思うことと同時に、

男を恨むことにも確実に繋がる出来事であったことは言うまでもない。

いつもは一週間できれいさっぱり。

たいてい私の場合、

 

フラれてもふっても

 

 

一週間きっかりたてばさっぱり忘れられるはずなのですが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回ばかりは騙されてたようが半端無さすぎて

 

 

 

 

悲しみというか自分への失望感が半端なくて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのまま友達に当たり散らして

 

 

 

嗚呼ほんとにやな人間

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だがしかし自分のこのやな人間さに絶望する半面

 

 

 

やはりどこかで男はもちろん、女含む自分以外の人間を

 

 

全く信じられなくなっている現実も確かであり、

 

 

たとするのであれば、絶望が全て自分に向いているだけとは言い切れない現状なのである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それがたとえ長い付き合いの友人であろうと

 

親切にしてくれている人であろうと

 

 

 

飲みの誘いでさえも

 

 

なにか裏があるのではと思うのだ。

 

 

 

 

 

 

そうなってしまうともう後に引けない

 

 

 

 

ひたすら今の疑心暗鬼さをさらして

 

攻撃にでるのだ。

 

 

 

 

 

 

 

数少ない私の友人がひとりまたひとりといなくなった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここまで影響されたのはなんの意味があったのだろうか

 

 

 

得てして人には必要なことしか起こらないというが

 

 

 

ここまで自分を追い込んで

果たしてなにが必要なことだったのだろうかさっぱりわからない。

 

 

 

 

 

 

単純に日々を送るなかで

 

わかったことはただひとつ。