おもいゆくままにいきること。

仕事離職後ワ―ホリに行って帰国した人のブログ

くそだとおもう、ほんとに。

めろんぱんこです。

 

 

 

私の生き方ってものすごくふわふわしていて、

 

 

 

考え方とかもくそだなって自分で思うことが多いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、本気で死にたいと思ったことがあります。

 

 

 

どうしようもなく悲しくて、つらくて、

 

腕を包丁で切りました。死ぬつもりで

 

 

 

 

切り口は浅く、

切った直後、セロテープでくっつければ次の日には治るとおもって

 

でも、くっつけても次の日も自分の皮膚の中身がみえてるだけで、病院にいきました。

 

どうしてすぐ来なかったのかと、お医者様に怒られました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ふわふわしてるし、今日も天気よいなあって思います。

 

 

 

 

男性関係とかもどろどろも味わったし、なんだかなーて思うことも多いし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、こんななんか大丈夫かなって思うくらいな私がいきてるから、

 

 

 

 

 

 

 

せめて、今つらいとか、しにたいなって思ってる人たちの勇気になったらよいなと、おもってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私だって、なやみなさそうってよく言われるけどめっちゃあるもん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも、1度自殺を試みて、自殺への勇気が浅かったのか、生き延びて

 

 

 

 

 

 

 

父親から階段から突き落とされそうになっても

 

 

 

 

それでもいきてるから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なにがなんでも生き延びるとは思わないけど

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず、生きることに頑張ります。

生きた軌跡

最終出勤を終えて、ぼーっとする時間が増えました。

 

 

昨日で内定承諾もしたので、あと半月くらい

ほんとにゆっくりする時間があって

 

 

 

 

 

 

 

仕事してたときは、

アルバイトとのダブルワークでもあったから、

更にそこに転職活動が加わって、

 

 

 

最後らへんはほんとに、悩む暇もなく

悩んだけど、そのときそのときを一生懸命生きてる、死に物狂いで、

ギリギリのラインをってかんじでした。

 

 

 

 

 

まるで、綱渡りのような

 

 

 

 

でも、だからこそ、悩む暇がないほどつめめんでたので

 

 

 

 

あまりマイナスにならずに、内定までつなげられたのかとも思うのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆっくりする時間があり、だからなのでしょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分が何を好きだったのか、どんな子供だったのか、

 

 

 

 

 

どんなアニメをみて、どんなことに喜び

 

 

どんな気持ちをもっていて、どんな食べ物が好きだったのか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まるで、走馬灯のように思い浮かぶ、思い出すときがあります

 

 

 

 

驚くほど鮮明に、鮮やかに、音や言葉や情景を

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だからこそ、私は人を非情に突き放したくなり

 

だからこそ、私は人から非情に離れたくなり

 

 

 

だからこそ、私は人から非情に逃げたくなり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だからこそ、私はたまに人を非情に欲するときがあるのです

内定とれました

めろんぱんこです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

与論島、那覇旅行から帰ってきて、一週間がたちました。

 

 

 

このところめまぐるしく状況が変わりまして先週木曜日に最終出勤を終えたあと、

有休消化と、足りないぶんは欠勤として、

9月末退職、10月1日から新しい会社での勤務が始まります。

 

 

 

はたからみたらとんとん拍子に内定がとれたようにみえるかもしれませんが、

 

決してとんとん拍子ではなく、

妥協をしたわけでもありません。

 

 

行きたい会社に出会えたわけであって、

しっかりと自分の長所を評価してくれる会社に出会えたわけであって、

面接毎に面接通過の評価理由を伝えてくれたからであって、

私の今後を期待してくれたからであって

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

条件面談で伝えられました

 

「ここまで各面接官の評価が高い人にはなかなか会えなくて」と

 

 

 

 

 

 

この言葉を、はじめからあんまりたかい期待されても嫌だというひとがいたけれど、

 

私はそうは思わなくて

 

それでも嬉しかった。

 

 

 

 

 

 

ここまでくるまでいろいろありました。

 

だから思ったんです。

条件面談で、面談をする担当の方を待っているあいだ

 

 

 

もう楽になって良いじゃんって

 

ここまで頑張ったんだから

もういいんだよって思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

与論、那覇の旅行では

最終日に友達に紹介された友達なのに準強姦みたいなことにあいました。

 

 

 

会社では、今までも書いてきたように、

理不尽なめにたくさんあって、ひとりで戦わなければいけない状況でした。

 

それでも、いろんな出会いとか、

なにかに支えられてなんとかここまできた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もういいよね、たのしいことあってもさ

うまくいくことあってもさ

 

頑張ったんだから。

現実世界

現実って、

 

 

 

なんでこんなつらいんだろ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうたかいところから飛んでもよいかな、

 

 

 

そしたら一瞬でも、鳥みたいになれるのかな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鋭いもので身体傷つけてもよいのかな

 

 

そしたら楽になれるんだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何がこんなにっておもうだろうね

人様からは

 

 

 

 

話きくだけとかならなんもわかんないよ

 

積み重ねなんだよ

 

 

今日は、社長に

 

 

あなた社会人なんだからすぐ泣くのはよくないですよって言われた

 

 

 

 

 

 

フレックスを、退職いってから認めてもらえなくて、半休の有給扱いにされたり

 

 

 

 

 

 

領収書紛失を盗難と疑われて訴えるかもよっていわれたり

 

 

 

 

 

それをこの精神状態で耐えられるのかな

 

 

 

私もうしんだほうがよくない。

 

 

 

 

 

 

 

だれも助けてくれない

だれも助けてくれないだれも助けてくれないだれも助けてくれない

 

 

 

 

 

だれも助けてくれない

私なんなんだろ

 

 

なんなんだろ

 

 

もう本当死にたい

さらば日常旅行記14 夢から覚めて

昨日は一昨日の夜に知り合った東京から来てたおにいさん2人に海に誘ってもらって、

いってきました。

 

 先に沖縄そば一緒に食べてから出発!

 

 

途中コンビニでアイスとお酒かってもらた

 

 
f:id:meronpancocco:20170903144303j:image

 

 

ちゅらさんビーチって言われてるとこらしい。

 

 


f:id:meronpancocco:20170903144337j:image

 


f:id:meronpancocco:20170903144419j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おにいさんがもってきてた浮き輪

 


f:id:meronpancocco:20170903144522j:image

 

 

 

空気を入れられるユニコーン

シュールでした笑


f:id:meronpancocco:20170903144503j:image

 

 

 


f:id:meronpancocco:20170903144603j:image

 

 

 

 

 

バナナボートみたいなのとか、アクティビティにも挑戦

 

 

バナナボートじゃないんだけど、何て言ったかな…ビックなんとかっていう赤いやつ。

 

 

 

 

 

がちで吹っ飛びそうになった。

叫びまくってお腹すいた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、さっき帰ってきました。

 

 

 

何て言うのかな

 

パラレルワールドのような

でもその世界は確実に現実で

 

不思議な時間を旅したような気持ちです。

 

 

 

 

旅してたときはLINEきてたけどほとんどみてなかったから

赤いの30とかになってたときもあって

 

 

 

 

戻ってきて思うことは

 

こっちでの生活は、人と関わることがメインになってること

誰かに何かを思われることがメインになってること

 

 

旅をしてたときは

 

自分がどうしたいかがメインになってたということ

 

 

 

 

 

LINEはきたら返さなきゃと思うし

いつも時間に追われて、人に追われて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも自分がどうしたいかでいたほうが

 

 

旅でいろんなひとに会って仲良くなったみたいに

 

うまくいくことのほうが多いんじゃないかな。

 

 

 

ワーキングホリデーのときと同じ感覚だ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人と関わることが嫌いとか、苦手とかではなくて

 

 

 

完全に、自分がやりたいことをやっていたいだけで

いいなって思ったことをやりたいだけなんだと思いました

 

 

 

 

それで、自分を好きになる

 

 

単純にそうなのだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この旅でみたこと、感じたこと

 

 

 


f:id:meronpancocco:20170903145615j:image

 

 

 


f:id:meronpancocco:20170903145649j:image

 

 


f:id:meronpancocco:20170903145754j:image

 

 


f:id:meronpancocco:20170903145828j:image

 

 

 


f:id:meronpancocco:20170903145858j:image

 

 


f:id:meronpancocco:20170903150007j:image

 

 


f:id:meronpancocco:20170903150037j:image

 

 


f:id:meronpancocco:20170903150101j:image

 


f:id:meronpancocco:20170903150139j:image

 

 


f:id:meronpancocco:20170903150205j:image

 

 


f:id:meronpancocco:20170903150230j:image

 



f:id:meronpancocco:20170903150531j:image

 

 


f:id:meronpancocco:20170903150605j:image

 

 


f:id:meronpancocco:20170903150332j:image

 

 


f:id:meronpancocco:20170903150415j:image

 

 

 


f:id:meronpancocco:20170903150301j:image

 

 

 

 

 

 

優しい出会いと

海と 風と 空と 星と

 

 

 

 

 

 

 

 

さらば日常旅行記13 旭ゲストハウス

とまってるゲストハウス

 

 


f:id:meronpancocco:20170902100506j:image

 

 


f:id:meronpancocco:20170902100520j:image

 

 

キッチン
f:id:meronpancocco:20170902100538j:image

 

 

 

 

 

 

 

このキッチンで、昨日かったベーコンとたまごであさごはん

 

 


f:id:meronpancocco:20170902100623j:image

なんててきとうな笑

 

 

与論島でもらったグァバとみかんとともに

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:meronpancocco:20170902100700j:image

 

 

 

いいわあーこのじかんゆったりなかんじ

 

 

ときが過ぎるのを忘れる

 

今日なにしようかなぁ

さらば日常旅行記12 ほんとは私ってこんなひと

たまたま泊まった宿で

 

たまたま朝ごはんのタイミングが一緒だった人たちに声かけてもらえるような、

 

 

 

たまたま泊まった宿で

 

 

たまたま朝ごはんのタイミングが一緒だったひとたちに一緒に観光させてもらえるような

 

 

 

 

 

 

たまたま立ち寄った海岸で会った人となかよくなれるような、飲みにさそってもらえるような

 

 

 

 

 

 

たまたま日の入りをみようとした海岸であったおじさんと一時間以上話し相手になってもらえるような

 

 

 

 

 

 

 

そのおじさんの友達の人に一日たっても名前覚えててもらえるような、

フェリー乗り場で偶然会って、まだ名前覚えてて、話し相手になってもらえるような、声かけてもらえるような

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほんとはたぶん、私ってそんなひと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どっから腐ったんだろ