おもいゆくままにいきること。

仕事離職後ワ―ホリに行って帰国した人のブログ

人間と関わりすぎて


f:id:meronpancocco:20180628220833j:image
君が笑うと僕が笑う

 

僕が笑うと君が笑う

 

 

ワーキングホリデーでカナダにいたときは

 

 

いろいろやりたいことがいっぱいあって、

毎日自分のことしか考えてなくて、

 

明日はなにしようかなとか、

 

明日が不安もあったけども

それってどうなるかわからない不安で、

一方楽しみでありわくわくでもあった

 

 

今は、あしたも仕事だ疲れたとか

いつ結婚できるんかなとか、

いつまでたってもまともな彼氏できないとか、

そんなんばっかで

 

 

ここ半年くらい自分の本当にやりたいこと考えれてなかったなって

 

 

 

世界って本当にひろくてそれを知ったはずなのに

国のステレオタイプがまだあって誘惑されて落ち込んで

 

自分らしく生きるって大変

 

自分らしくはとうにわかってるはずなのに

 

 

ただわかったことは、とりあえず私は誰かがいなきゃいけない世界のほうが息苦しい

 

 

 

 

 

君の人背は君の人生で

 

僕の人生は僕の人生で

 

 

親がひとりの人間で、自分の親ではないように

 

 

ひとりはひとりの人間であること

 

 

 

 

 

世界はもっとひろくて

 

自分がしらない景色も

文化も

そこにすんでる人も

美味しいものも

いろんな感情も

 

 

もちろんきれいなものだけじゃなくて

 

人種差別もあったけど

 

 

 

そんな自分がしらない世界いっぱいあるのに

 

私ってここで終わるのかなってたまに思うのだ。

 

 

 

 

アメリカでホームステイしてた家族に会って

ワーホリの後の最後の最後で、

家族とかコドモがほしいっておもって帰国したのに

またそれがぶれてる自分がいて 

 

 

 

 

 

 

 

 

きっと死ぬまで自分が本当に幸せかどうかなんてわからないのなって

 

 

 

 

でも私は死ぬときに幸せな人生だったっておもって死にたい。

 

 

 

 

 

ぶなしめじから学んだこと

めろんぱんこです。

 

 

 

おうちのちかくのスーパーマーケットで、ぶなしめじが一袋58円(税別)で売られてて 

 

 

 

お買いものするひとならわかるとおもうけど、だいぶ破格で。(普通なら一袋128円くらい)

 

 

 

お店のスタッフさんと仲良いので、なんでこんな安いんですかてきいてみた。そしたら

 

 

 

 

 

 

 

 

安いのって急激に育てるから色も薄いでしょ?128円のとかだったらもっと濃い茶色なのよ。でもこれは薄いし、大きさも不揃いだから。

って。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野菜界でそんなことがおきてるなら

人間界では当たり前で

 

 

 

なんでそんな見た目を気にしなくてはならないのだろうか。、

すこぶる体調がわるい。

おひさしぶりすぎます。めろんぱんこです。

 

いろいろありました。

半年間。

 

私の身体は最近すこぶる状況がよくないです。

ここ数ヵ月お腹がはったりいたくなったりの繰り返しで

 

 

 

 

思えば始まりはあの日。

 

 

めろんぱんこ実は去年の9月から10月にかけて彼氏できたんですよ。

 

 

が、10月のある日

彼氏からの電話

様子がおかしく、なんか様子おかしくない?てきいたところ

 

なんかしらない女の人登場

 

 

「あなただれですか?」ときかれ、同じことをとうと

彼女ですが。

だとさ。

 

 

 

しらんがなもうそっから修羅場です。

 

 

私なにとしらなかったんに彼氏(だと思ってた人)は私に彼女いるっていってたって始末。

 

更にその彼女?にはなんでこんな26歳のおばさん相手にしてんだよって言われる始末。

 

 

 

 

 

 

もう体調悪くなる要素そろってますよね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そっから時間たって。やっと2月頃から前向きになれましたが

 

良さそうな人がまた彼女いただか知らんがそんな感じですよ。

 

 

 

 

なんなんだろう、もうネタでしかないのか。

 

もう毎日お腹いたいしもういやだ

 

歴代彼氏

某K大学卒テニサー会長後大手広告H社に入社したJ氏→彼女と別れるいわれ付き合ったが音信不通

某有名時計C社デザイナーT氏→一通り終えたあと音信不通

某大手人材M社M氏→待ち合わせに2時間遅刻も謝罪なし、後♪つきのLINEでふられる

某大手居酒屋店長のS氏→「君が僕をおもうほど僕は君を好きじゃない」と言われつつも付き合い音信不通

 

 

その他大勢過ぎて

 

だめおほいほいすぎる。もう胃がいたい。

新年は、家に戻りました。

あけましておめてとうございます。

 

 

 

 

新年は、どうしようかなって思ってました。

 

だって私親とだいぶなかが悪くて

 

 

 

 

 

今年は年越しも元旦もひとりかなーて

 

 

 

 

思ってて。

 

 

でも大晦日に連絡して、元旦は行くことにして。

 

朝起きていってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親と会うのは去年の3月の初め、勘当されたみたいに引っ越してきて

 

 

あれから一度も連絡をとってなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問題のある会社も、

 

退職も、転職も再就職も

 

 

 

 

 

 

 

全て親には何も連絡しないで自分で決めてきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

門をくぐって、鍵は持ってたけど呼び鈴を鳴らす

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「はーい!」

 

 

 

 

 

 

 

という元気のある声とともに玄関のドアが開く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その声とは裏腹に

 

 

 

 

以前と少し変わった、母の細さに気付く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうなのだ、当たり前のように時間はたって、

 

誰しも年をとって

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当時はたしかに理不尽なこともあったのだ。

一方、彼らもどうしようもない娘だと思ったのだろう。

 

 

彼らにも彼らなりの言い分があり

 

 

 

私にも私なりの言い分があった

 

 

 

 

 

どっちが悪かったかとかもうわからないけれど

 

 

 

 

 

 

 

そういうことじゃなくて

 

ああ馬鹿だったなあと、帰り道で思う

 

 

 

 

 

 

 

帰り際の

 

 

 

「またおいでね。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ああ馬鹿だったなあと

 

 

 

 

帰り道

 

足を進める速度を速くする

 

 

ああ

馬鹿だったなあと

 

 

 

 

 

 

 

 

進む度にかわってゆく景色と、

いくら進んでも追いつかない、ビルから見える夕日が瞼の裏にやきつく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

赤信号で足を止めた

 

 

 

 

 

 

足を進めた先に、

 

足を止めて

 

はっと我に帰ったときには

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の「イエ」へ帰るの最後のちかいみちの交差点だった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰のおかげで生きてこれたとか

 

 

 

 

 

誰がいたから生まれることができたとか

 

 

 

この感情は、そのひとことで表すことができるような単純なことではなくて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「家族なんて」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「どこの家族の当たり前も違っていて」

 

 

 

 

「君の家族の当たり前が」

 

「どこかの家族にとっては当たり前ではなくて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「どこかの家族にとって変なことでも」

 

 

 

 

 

 

「君の家族にとってはおかしなことではなくて」

 

 

 

「君の家族にとってはそれが普通で」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

死にたい

死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい

ワーキングホリデーに行って

それはそれは、ゆめのようでした。

 

 

 

 

それはそれは、時間がとまったような

 

 

でも確実に動いていて

 

 

 

 

自分は確実に時計の針の秒針で

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎日食べる卵が美味しくて

 

毎日食べる野菜が美味しくて

 

毎日交わす挨拶が愛しくて

 

毎日違う感情が愛しくて

 

 

 

 

 

 

失敗することが当たり前の世界で

うまくいくことが楽しくて

 

毎日泣いて

 

 

それでも這い上がって

 

それでも諦めなくて

 

 

 

 

 

言葉にのこして、

文章に残して刻んで

 

 

 

 

 

 

『一生の内、この悲しいことが続くわけじゃない。

 

これは今だけで、この一日、この一時間、この一分、この瞬間は

 

一生で考えたら米つぶだ』と

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それで前向きになれたとおもってたけど、

 

 

 

 

 

 

 

それはその環境がずっと続くわけじゃないって条件のもとだったから

 

 

 

その条件がちがったら

 

 

 

いまのわたしはどう感じれば良いんだろう

 

世の中の、自分にであったどのくらいの人が

 

 

 

自分を知ってるどのくらいの人が

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう一度、自分に会いたいと思ってくれるんだろう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分が誰かに対してそう思うことはあって

 

 

 

 

 

 

その人たちは私にとって、今でもだいすきで、

 

 

 

 

いつも思い出す、一瞬一秒が大切で

 

 

 

 

いや、大切って思ったのは今で

 

 

過ぎた時に気づいたわけであって、そのときは何にも思わない単純なありふれた日常で

 

 

 

 

 

君たちがここまで自分のなかでこんなに大きくなるなん思わなくて

 

 

 

 

 

全ては戻ってこなくて

現実は今で、明日は未来で

 

人は人で、自分は私で

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家も、何十万もかけて買った家電も

社会的地位も全て捨てて投げ出して海外に行った

 

 

それほど