おもいゆくままにいきること。

仕事離職後ワ―ホリに行って帰国した人のブログ

新年は、家に戻りました。

あけましておめてとうございます。

 

 

 

 

新年は、どうしようかなって思ってました。

 

だって私親とだいぶなかが悪くて

 

 

 

 

 

今年は年越しも元旦もひとりかなーて

 

 

 

 

思ってて。

 

 

でも大晦日に連絡して、元旦は行くことにして。

 

朝起きていってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親と会うのは去年の3月の初め、勘当されたみたいに引っ越してきて

 

 

あれから一度も連絡をとってなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問題のある会社も、

 

退職も、転職も再就職も

 

 

 

 

 

 

 

全て親には何も連絡しないで自分で決めてきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

門をくぐって、鍵は持ってたけど呼び鈴を鳴らす

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「はーい!」

 

 

 

 

 

 

 

という元気のある声とともに玄関のドアが開く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その声とは裏腹に

 

 

 

 

以前と少し変わった、母の細さに気付く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうなのだ、当たり前のように時間はたって、

 

誰しも年をとって

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当時はたしかに理不尽なこともあったのだ。

一方、彼らもどうしようもない娘だと思ったのだろう。

 

 

彼らにも彼らなりの言い分があり

 

 

 

私にも私なりの言い分があった

 

 

 

 

 

どっちが悪かったかとかもうわからないけれど

 

 

 

 

 

 

 

そういうことじゃなくて

 

ああ馬鹿だったなあと、帰り道で思う

 

 

 

 

 

 

 

帰り際の

 

 

 

「またおいでね。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ああ馬鹿だったなあと

 

 

 

 

帰り道

 

足を進める速度を速くする

 

 

ああ

馬鹿だったなあと

 

 

 

 

 

 

 

 

進む度にかわってゆく景色と、

いくら進んでも追いつかない、ビルから見える夕日が瞼の裏にやきつく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

赤信号で足を止めた

 

 

 

 

 

 

足を進めた先に、

 

足を止めて

 

はっと我に帰ったときには

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の「イエ」へ帰るの最後のちかいみちの交差点だった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰のおかげで生きてこれたとか

 

 

 

 

 

誰がいたから生まれることができたとか

 

 

 

この感情は、そのひとことで表すことができるような単純なことではなくて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「家族なんて」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「どこの家族の当たり前も違っていて」

 

 

 

 

「君の家族の当たり前が」

 

「どこかの家族にとっては当たり前ではなくて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「どこかの家族にとって変なことでも」

 

 

 

 

 

 

「君の家族にとってはおかしなことではなくて」

 

 

 

「君の家族にとってはそれが普通で」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

死にたい

死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい

ワーキングホリデーに行って

それはそれは、ゆめのようでした。

 

 

 

 

それはそれは、時間がとまったような

 

 

でも確実に動いていて

 

 

 

 

自分は確実に時計の針の秒針で

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎日食べる卵が美味しくて

 

毎日食べる野菜が美味しくて

 

毎日交わす挨拶が愛しくて

 

毎日違う感情が愛しくて

 

 

 

 

 

 

失敗することが当たり前の世界で

うまくいくことが楽しくて

 

毎日泣いて

 

 

それでも這い上がって

 

それでも諦めなくて

 

 

 

 

 

言葉にのこして、

文章に残して刻んで

 

 

 

 

 

 

『一生の内、この悲しいことが続くわけじゃない。

 

これは今だけで、この一日、この一時間、この一分、この瞬間は

 

一生で考えたら米つぶだ』と

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それで前向きになれたとおもってたけど、

 

 

 

 

 

 

 

それはその環境がずっと続くわけじゃないって条件のもとだったから

 

 

 

その条件がちがったら

 

 

 

いまのわたしはどう感じれば良いんだろう

 

世の中の、自分にであったどのくらいの人が

 

 

 

自分を知ってるどのくらいの人が

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう一度、自分に会いたいと思ってくれるんだろう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分が誰かに対してそう思うことはあって

 

 

 

 

 

 

その人たちは私にとって、今でもだいすきで、

 

 

 

 

いつも思い出す、一瞬一秒が大切で

 

 

 

 

いや、大切って思ったのは今で

 

 

過ぎた時に気づいたわけであって、そのときは何にも思わない単純なありふれた日常で

 

 

 

 

 

君たちがここまで自分のなかでこんなに大きくなるなん思わなくて

 

 

 

 

 

全ては戻ってこなくて

現実は今で、明日は未来で

 

人は人で、自分は私で

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家も、何十万もかけて買った家電も

社会的地位も全て捨てて投げ出して海外に行った

 

 

それほど

自分が思い通りにならないのがものすごく嫌

副業でアルバイトしてたときに

 

 

同僚の彼が言った。

 

 

 

 

ここで学ぶことはもうないなって思ったら

 

別の仕事探すと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんとなくその気持ちはわかって、

 

 

私の場合は次のところいきたいなーて思ったらなんだけど、

 

 

 

 

彼は彼で私が海外で感じてた感覚のまま日本で生きてるのだど思ったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして私は自分が思い通りにならないのがものすごく嫌。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特に体重。

 

 

 

 

1ヶ月に一回は確実にむくみやすい時期がきて、

 

 

顔丸くなって

 

 

いらいらする。太くなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食べなくてもそうなるのがすごくものすごくいや。

入社してやっと1ヶ月、帰国してやっと一年。

じつは、

 

 

ワーホリから帰国して、やっと一年がたちました!

 

 

 

去年の10月31日に帰国して

 

 

 

 

一言言えることは

 

 

今まで日本で生きてきた中で最高に濃くて、

 

 

最高にいろんな組織に所属した一年でした。

 

 

 

 

まず某居酒屋アルバイト

 

そして一社目の会社

 

平行して某アイドルグループの手荷物検査アルバイト

 

 

 

更に平行してバーでのホールアルバイト

 

 

そして今の会社

 

 

 

家も探して決めて契約して住んで

 

 

 

 

いろんなところで人間関係きづいて

 

 

出会いもあり、

 

わかれもあり、

 

 

 

友達も増えて、

 

平行するように減って、

 

 

 

 

 

 

 

今の会社では

1ヶ月の間に3回ほど研修の所属場所がかわるスケジュールで

 

 

 

 

仕事内容よりもいちから人間関係きづいての繰返しにだいぶ疲れる日々を送っております!

 

 

 

 

 

 

なんでなんだろね。

 

 

 

海外にいたときは人間関係よりも自分がどうしたいかを中心に生活できたのに

 

 

 

ここだと誰と会うかとかライン返さなきゃとか

 

 

 

自分じゃない誰かが中心になってる毎日で

 

 

 

それでまた疲れて

 

 

 

 

 

 

 

 

いろいろこのところ、トロントで働いてたときのカナダに住んでる同僚、海外の友達に相談してました。

 

 

 

浮気相手にされてたって嘆いたら

こんな返信をくれて

 

 

 

Oh my god  really? That sucks 😕 such an asshole that guy. But hey im pretty sure you'll find someone perfect for you. Just go slowly , dont trust anyone quickly, take your time to know them 

 

 

 

 

 

 

最近の毎日のことで相談したら

 

 

 

 

 

Take it easy, life is enjoying every moment, at the end we only have ourselves, so appreciate the time with yourself. You'll find eventually the people that will accompany you in this journey. Anyways, I wish we could see each other and we weren't far. Hope you are well 😄👋🏼 

 

 

Hey dont think about relationships so much, it will come and it will be the right one, dont look for it, dont think about it, just focus your energy in positive things and positive things will happen 😄

 

 

 

 

 

 

 

 

なんなんだろね。

 

 

 

 

なんか日本語よりも英語のが自分にしっくりきて、

 

 

 

 

ほっとする自分がいて。

 

 

 

 

 

 

 

いらいらしてても

 

 

 

洋楽きいたり洋画字幕なしで英語でみたりすると落ち着けて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ああやっぱり。

 

 

 

 

英語がすきなんだなーって、改めて思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今朝は某携帯キャリアの店舗スタッフの手続きミスでクレジットカードが発行キャンセルされとって

 

 

 

 

 

それでコールセンターに電話したら10分くらい待たされて

 

 

 

 

 

 

疲れとる時にちょっとしたイライラポイントがくるとこの世の終わりのようにとてつもなくいらいらするよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも洋楽きいたり、

からあげつくったりハンバーグつくったりしてリフレッシュしました!

 

 

 

 

 

 

 

やっぱり、

 

 

わたしは、

 

 

 

 

料理がすきで、英語がすきで、

 

 

 

 

 

やっぱり、ひとりのほうが好きで

 

 

 

やっぱり自分が大好きなんだなとおもいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうしてもとてつもなく高いサーロインステーキを食べたくて、

 

 

 

 

 

 

 

でもどのスーパーマーケットに行っても脂のすくない牛肉しか無くて

 

 

 

 

 

 

 

 

その牛肉は100グラム98円で、

 

食べたいサーロインステーキは100グラム5000円で、

 

 

 

 

諦めてその牛肉を買うより、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひたすらそのサーロインステーキ肉を探し求めるような人になりたい。

 

 

 

深くまだかけないけど、関わる人が幸せでありますように。

ありがとうとか、うれしいとか、

 

 

 

 

自然とではなくて、不思議と笑顔になれる瞬間とか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうかその時を失わない人でありますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

君が無理で、彼女がおっけいって

 

すっげぇ信じてた人にこないだいわれた。

 

 

 

 

 

その彼女に

 

 

すげえおばさんなのになんなんですかって言われた。

 

 

私は責められると申し訳なくなってしまうので、

 

 

あ、すみませんって謝り続けた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが良いことだったのか、悪いことだったののはわからん。

 

 

 

 

賛否両論や。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっとまだ頭とか話まとまってないですすみません。、

 

 

 

 

私がかきたいことばがかけない。