おもいゆくままにいきること。

仕事離職後ワ―ホリに行って帰国した人のブログ

新しい安全な家

昨日無事に友達宅に引越しが完了し、

 

 

 

 

オーナーの方とも何が起こったのか、なぜ出るのかを話してきました。

 

 

 

 

 

 

オーナーの方はギリシャのかた。

 

 

やっとオーナーと話ができたと思いましたが、時既に遅しです。

 

 

 

 

 

ですが受け入れてくれる心優しすぎるくらいの友達にも出会え、(事情を話したらカナダ去るまでフリーで住んで良いよと言ってくれた)

 

 

 

 

 

一旦一段落です。

 

 

 

 


f:id:meronpancocco:20160815222838j:image

 

 

 

 

 

友達の家は日光もほどよく入り、

 

物凄く暑くもなく、エアコンもあるみたいです。

 

 

 

 

 

 

 

なにより、もうあの心配をしなくてすむことでとても気持ちが楽です。

 

 

 

 

 

家のなかでびくびく怯えなければならないこと

 

 

 

 

肉体的に危害を加えられるかもしれないという恐怖

 

 

 

トイレに行くにもキッチンに行くにもシャワーを浴びるにも

 

 

 

タイミングを見計らい、足音が無いことを確認し

 

 

 

 

 

部屋にいてもバスルームにいても、

激しいドアのノック音がいつくるのか怯えて

 

 

 

 

 

 

海外だからとか、日本だからとか関係ない

 

 

 

 

 

ここ最近生きてる気がしませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

精神的に落ち着ける家があることは、自分の一日、一週間、全ての生活において重要だと実感しています。