おもいゆくままにいきること。

仕事離職後ワ―ホリに行って帰国した人のブログ

tiff トロント国際映画祭で映画「怒り」をみてきた。(日本の映画が海外で放映されること)

私映画の「悪人」が大好きで

 

 

その原作者と監督がつとめるというものだからみてきたよ。

 

 

 

トロントで!!!

 

 

 

 
f:id:meronpancocco:20160917105250j:image

 

 

 

 

指定席というものがないので

 

 

 

みんな一時間半くらいまえからならんでます

 


f:id:meronpancocco:20160917105343j:image

 

 
f:id:meronpancocco:20160917105350j:image

 

 

 

日本の映画だし、日本人しかみないのかなぁとおもいきや、

 

 

 


f:id:meronpancocco:20160917105438j:image

 

 

 

日本人じゃないひとも多くて、

 

というか日本人じゃないひとのがおおくて

 

 

 

 

 

おお、なんだ、日本の映画やるじゃん!←失礼

 

 

 

 

 

と思ってしまいました。

 

 

 

 

 


f:id:meronpancocco:20160917105603j:image

 

 

 

アンダー25なので、(25歳未満)

20$でチケット買えました。

 

 

 

 

 

 

先にも述べたように、映画をみたかったのもありますが

 

日本の製作物がどのように他国の人たちに受け止められるのかをみてみたくて

 

 

 

 

 

開演30分前に会場です。

 

 

 


f:id:meronpancocco:20160917112605j:image

動き始める列。

 

 


f:id:meronpancocco:20160917112652j:image

 

 

 


f:id:meronpancocco:20160917112818j:image

 

 

ここのシアターはダウンタウンにあるのもあってか、豪華。

 

 


f:id:meronpancocco:20160917113540j:image

 

 

 


f:id:meronpancocco:20160917113558j:image

 

 

 

2階席もあったよ

 

 


f:id:meronpancocco:20160917113635j:image

 

 

 

眺めは、画面がとおい。

 

 

 

更に

 


f:id:meronpancocco:20160917113708j:image

 

 


f:id:meronpancocco:20160917113726j:image

 

 

 

マリーアントワネットが座ってそうな席も…

 

 

 

 

 

画面が遠かったので一階の前の方の席に移動

 

 

 


f:id:meronpancocco:20160917113823j:image

 

 


f:id:meronpancocco:20160917113843j:image

 

 

 

 

うんやっぱり背が低いから

前に誰もいないほうがみやすい。

 

 


f:id:meronpancocco:20160917113922j:image

 

 

 

 

 

シアターは

ウィンターガーデンシアターということもあり

 

 

 

 


f:id:meronpancocco:20160917114003j:image

 

 

 


f:id:meronpancocco:20160917114022j:image

 

 

 

 

天井がガーデンチック。

 

 


f:id:meronpancocco:20160917114047j:image

 

 


f:id:meronpancocco:20160917114102j:image

 

 

 

 

 

映画を気に入ったらチケットをこのボックスにいれるみたいです。

 

 

 


f:id:meronpancocco:20160917114137j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて!!!肝心の映画はというと、

 

 

ネタバレはしたくないので細かいことは書きませんが、

 

 

 

タイトルが「怒り」ではなく、べつのものであったら

 

3つの離れた場所での出来事にもストーリーの一貫性がわかるのですが、

 

 

なにが言いたいかと言うと、タイトルとストーリーの繋がりが

めろんぱんこにはいまいちよくわかりませんでした。

 

きっと原作を読んだらわかるのかな。

 

 

 

 

 

でも!!!一言では言い表せませんが

みてよかったです。

 

 

 

 

日本で起きてる社会の問題もあったので

 

これを他国のひとがみたらどうかんじるのかなぁーと思って、

 

 

やっぱり英語はすごく聞き取れたり話せたりしたほうが

すごく楽しいだろうなぁと思いました。

 

 

 

 

何より、日本の映画に海外の人が興味をもって、

 

 

たくさん、ほんとにたくさんある映画の中から日本の映画を選んで観にきてくれたことが

 

嬉しかったです。

 

 

映画終わったらみんな拍手してくれました。

 

 

 

 

 

 

 

個人的には悪人のが好きだなぁ。

 

 

 

 

でも帰国したら原作を読んでみようとおもいました。

 

 

 

 

 

 

おしまい!!