読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おもいゆくままにいきること。

仕事離職後ワ―ホリに行って帰国した人のブログ

【帰国後ニートブログ】reverse culture shock

帰国後ニートブログ ただの日常・ひとりごと ワーホリ情報

わたくし、reverse culture shockに陥っているようです。

 

日本語だと逆カルチャーショックというみたいです。

 

この言葉自体も今日、以前ワーキングホリデイに行っていた先輩に相談して

初めて知りました。

 

 

その後この件について調べてみたのですが、まさにこれなようです。

 

 

カルチャーショックには5段階あるらしく

 

その最後のだんかいです。

Re entry期ともいうみたいです。

 

海外に長いきかんいたので、

もともといたくににたいして、カルチャーショックを受けるようです。

 

 

帰国直後はまだ「とうとうきこくだー日本食ー」という感情がありました。

住民票の手続きなども翌日からやり、

わたしとしてはよく動いていたと思います。

 

ですが今週にはいり、

 

あれ

 

と思うことが多くあり、

 

 

なんだかおかしい。

なんだかおかしい。

わたしも気分も

あれ

 

 

という日々が続き、

 

 

 

そりゃそうだと自分にいいたい。

 

一年間も行っていて、今日が半月すぎたあたり。

そうなるよ。と自分にいいたいのです。

 

 

 

が、育った環境が環境なだけに

いまつらいです。

私の父は典型的な日本人といってよいほど典型的な日本人です。

「一般的」な「当たり前」が当たり前だと思ってるひとです。

会社も、にほんを代表するであろう枠の会社につとめていて

私とは真逆の人間です。

 

そして、帰国し10日過ぎたころに

父に

「''まだ''じゃなく''もう’’10日過ぎただろう。はやく就職しろ」

 

といわれてしまいました。

だからといって就職しようと思っていたわけではありませんが、

 

そんな、はやく新しい環境に慣れることなんて

 

 

その日から気分が徐々におちはじめ、

外出しようと思っていたことも億劫になりつつあります。

 

なんて単純なんでしょうか。

自分がいやになります。

 

 

 

海外であんなにがんばっていたのになあ

なんにちも外を1日中歩きまわっても仕事がまったく決まらず、それでも

前向きに頑張れていました。

仕事先から、次の仕事の推薦状(reference letter)をもらえたこともありました。

 

 

でも日本に帰国し、いまは全てが後ろ向き状態です。

がんばってたことなんて全てがじこまんぞくでしかなくて

そんなことも、全部むだだったのかなあと

根拠もないですが、おもいはじめています。

 

なにも成功する気がしません

海外ならうまくできるのにとおもってしまいます

 

思いつきでかくと文章が、こうまとまってなくなり

日本語もおかしくなります

 

 

はやくもにほんしゃかいにつかれました