おもいゆくままにいきること。

仕事離職後ワ―ホリに行って帰国した人のブログ

2016年9月23日人生初めてのタイムズスクエア

さて、セントラルパークを縦につっきり、

 

とうとうNYの街の中心地、ミッドタウンへやってきました。

 

 

f:id:meronpancocco:20161122143125j:plain

 

 

f:id:meronpancocco:20161122143156j:plain

 

 

 

 

もうね、人がものすっごい

 

 

 

 

ひとがものすっごかったです。

 

刺激のある町だとはきいていたけれど、ここまでとは…!

 

 

 

 

タイムズスクエアを探すわたし

 

f:id:meronpancocco:20161122143334j:plain

 

f:id:meronpancocco:20161122143447j:plain

 

 

f:id:meronpancocco:20161122143351j:plain

 

 

 

 

 

 

地図だとこの辺なんだけど…

 

 

 

f:id:meronpancocco:20161122143540j:plain

 

 

 

 

近くのひとにきいてみるめろんぱんこ。

 

タイムズスクエアってどこですか?

 

 

 

 

 

…?here!

 

 

 

 

 

 

 

という人

 

 

 

 

 

 

ここ?

 

 

 

 

f:id:meronpancocco:20161122144133j:plain

 

 

 

 

 

なんとめろんぱんこ、

 

タイムズスクエアとは、建物の名前だとばかりおもっていて

 

 

 

 

 

広場のなまえでした。

 

 

 

 

たしかにスクエアっていうよね:)!!! lol

 

 

 

 

 

 

 

上の写真がタイムズスクエアだったようです。

 

 

 

 

 

 

それにしても本当に人が多くて

 

 

 

中には…

 

 

 

picture~picture~!!!

 

 

 

て叫んでいる人たちがいて、

なにかと思ってみてみると、

 

自由の女神のきぐるみ・・・・というかコスプレっていうのかな

 

をしているひとや、

 

驚くべきことに

上半身裸で下半身はパンツ(ズボンじゃなくて下着のパンツ)で

 

全身にアメリカの国旗のペイントをしている

女のひとたちもいました。

 

うん、つまりパンツしかはいてません。

 

 

 

日本でやったら…どうなるんだろう、パフォーマンスとしては

良いのか…?とも思いながら

流石自由の国アメリカだからなのかなあと思いました。

 

2020年東京オリンピックでは

他国のひとがたくさん来るでしょうが、

流石に…、このような人が日本にいないことを私は願います。

 

 

ちなみに

写真を一緒にとっている人は

やはり男性たちで

顔が…どうみても鼻の下がのびのびでした。

 

 

どこの国も男は男でかわらないんだなぁと

その男性たちを冷ややかな目でみながら

その場を後にしました。

 

おしまい。