読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おもいゆくままにいきること。

仕事離職後ワ―ホリに行って帰国した人のブログ

どう頑張っても、おいつけないこと

お久しぶりです。めろんぱんこです。

 

 

 

 

わたくし、見ず知らずのひとに話しかけられることが多いんです。

 

 

 

イヤホンをつけていて、周りにイヤホンをつけていない人がいるにも関わらず

 

道を聞かれることが多いっていう人間です。

 

 

 

 

更に今日はスーパーマーケットで買い物をしていたら、

孫にお菓子を買いたいというおばあちゃんに

話しかけられて、

おばあちゃん「このお菓子、孫に良いかしら?」

めろんぱんこ「??ええとー、はい、多分良いとおもいますよ?」

お「これなにがはいってるのかしら?」

め「この四種類のお菓子がはいってるみたいですよ。」

お「そうなのね、可愛いもの孫が好きで…あなたも買った?」

め「あ、はい、買いましたよ。(かごをみせる)」

お「じゃぁ安心ね。ひとつ買おうかしら。ありがとうね。」

 

 

 

みたいな。

 

某お菓子会社の役に立ってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

という風に、話しかけやすいみたいなんですよね。私。

 

 

 

 

だから会社でも八つ当たりの的になってしまったり、

社長に直接言いづらいことを伝えられて、

私が社長に伝えなきゃいけなくなってしまうパターンが多くて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この間はそれが立て続けで

 

 

会社で泣きました。

 

 

 

 

 

 

正確にいうと

社長に

 

「それを伝えるのはあなたの仕事じゃないですよ。

彼らが直接僕に伝えるべきなんですよ。」

 

 

ていってもらえたのにほっとして

 

 

泣いてしまったのが正しいですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この国にいると視野が狭くなってしまって

 

目の前にある世界が全てになってしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも世界はもっと広くて、

 

自分の目の前にある世界だけが世界じゃないってこと、

 

信じたくてワーホリに言って

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワーホリに行く前までは何かあったら死にたいって思ってました。

 

 

 

 

 

 

 

 

会社で嫌なことがあったら

 

告白してふられたら

 

上手くいかないとこがあったら

 

 

 

 

「死にたい」

 

に直結して

 

 

 

 

 

 

それがワーホリに行ってから無くなって

 

 

 

それだけは、英語以上に行ってからの成果だと思えることで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのあとのアメリカ旅行で

ホームステイしていたお宅にいって

ホストファミリーのホストだった子が

結婚してお母さんになってて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぶしい日差しと

 

庭で育ててる野菜と

 

家族のあたたかさと

 

ごはんの美味しさと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうがんばってもおいつけない

 

 

 

 

 

 

 

 

しあわせとか、あたたかさとか

 

 

 

 

 

 

 

 私にとっては、どう考えても

 

手に入れられないことだと思う