おもいゆくままにいきること。

仕事離職後ワ―ホリに行って帰国した人のブログ

生きた軌跡

最終出勤を終えて、ぼーっとする時間が増えました。

 

 

昨日で内定承諾もしたので、あと半月くらい

ほんとにゆっくりする時間があって

 

 

 

 

 

 

 

仕事してたときは、

アルバイトとのダブルワークでもあったから、

更にそこに転職活動が加わって、

 

 

 

最後らへんはほんとに、悩む暇もなく

悩んだけど、そのときそのときを一生懸命生きてる、死に物狂いで、

ギリギリのラインをってかんじでした。

 

 

 

 

 

まるで、綱渡りのような

 

 

 

 

でも、だからこそ、悩む暇がないほどつめめんでたので

 

 

 

 

あまりマイナスにならずに、内定までつなげられたのかとも思うのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆっくりする時間があり、だからなのでしょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分が何を好きだったのか、どんな子供だったのか、

 

 

 

 

 

どんなアニメをみて、どんなことに喜び

 

 

どんな気持ちをもっていて、どんな食べ物が好きだったのか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まるで、走馬灯のように思い浮かぶ、思い出すときがあります

 

 

 

 

驚くほど鮮明に、鮮やかに、音や言葉や情景を

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だからこそ、私は人を非情に突き放したくなり

 

だからこそ、私は人から非情に離れたくなり

 

 

 

だからこそ、私は人から非情に逃げたくなり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だからこそ、私はたまに人を非情に欲するときがあるのです